EF EcoFlow(エコフロー) ポータブル電源 RIVER 600(288Wh) 購入しました。

Dorapapa流、野外で作る本格アウトドア料理から室内で気軽に出来るアウトドア料理やアウトドアグッズを紹介

EF EcoFlow(エコフロー) ポータブル電源 RIVER 600(288Wh) 購入しました。

最近、ポータブル電源が欲しくなり色々検討しておりました。

ポータブル電源1台有ればキャンプで色んな事出来ると思います。

 

NIKON D500 (50mm, f/4.5, 1/80 sec, ISO1000)

ただ...最近流行のポータブル電源で電気炊飯器は、なんかキャンプの楽しさが半減してしまうような気がします。

 

では、何に使うのか?

私的には、夏場のキャンプや釣りで扇風機回したり照明とかでしょうか。

あと娘達のスマホ派ってリー充電。

あまりバッテリー容量が必要ない感じですね。

 

NIKON D5 (60mm, f/10, 1/160 sec, ISO160)

EcoFlow RIVER 600と言う小型よりちょっと大きめのバッテリー容量288Whです。

AC出力が定格600W(最大1200W)と災害時に短時間なら冷蔵庫でも動くと思います。

 

 

NIKON D5 (60mm, f/10, 1/160 sec, ISO160)

付属ケーブルは、左からAC電源ケーブル(良く有るPC電源ケーブルと同じ)、何に使うかわからないDCジャック、シガライターソケットから充電するDCケーブル(XT60端子)、ソーラーパネルから充電するDCケーブル(MC4→XT60)

 

 

 

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO2500)

このEcoFlow RIVER600は、あの煩わしいACアダプターが無くPCのコンセントみたいなAC入力端子が有り

ケーブル1本で受電可能なんです。

他社のACアダプター使用のポータブル電源は、ACアダプターの出力が少ないので充電速度が遅いですが

RIVER 600は、300W弱でインプットされるので1時間で80%、1時間半で満充電可能と言う強意の早さ。

 

これなら急にキャンプに行く事になってもすぐに充電出来るから良いですね。

REVER 600は、288Whと小型ポータブル電源の割には、バッテリー容量大きいですが

さらにオプションのエクストラバッテリーを追加装備するとミドルクラスのポータブル電源に変身します。

 

 

 

キャンプで使わなくても停電時の電源確保に活躍してくれそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です