忘れた頃に届く中華アウトドアコンロ(ストーブ)

Dorapapa流、野外で作る本格アウトドア料理から室内で気軽に出来るアウトドア料理やアウトドアグッズを紹介

忘れた頃に届く中華アウトドアコンロ(ストーブ)

amazonで激安中華コンロを以前購入しました。

値段の割には、使えたので他の中華コンロを購入したのが9月22日です。

今回は、中国発送なので到着まで10日ほどかかる事は、覚悟していましたが配達状況見ても発送されたが

届きそうにない状況で2週間経って届かない事を言うと返金手続きしますとの事でした。

欲しかったので『返金しないでもう一度発送して下さい』と要望してから音沙汰無し。

まあ、2個で送料込み1500円ほどですから中国本土からの発送のリスクだと思って諦めていました。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO400)

10月25日に何やら中国から荷物が届きました。

『何か買ったかな~?』←完全にコンロの事忘れておりました。

 

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO400)

中身は、中華制アウトドアコンロです。

なんか...諦めていたのでちょっと嬉しい。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO400)

まずブルーアルマイトボディーのOD缶ガスコンロです。

トランスフォームしてみます。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO400)

意外としっかりした作りで全開のリベットゆるゆるも有りませんでした。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/6.4, 1/60 sec, ISO400)

このタイプは、初めてです。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/6.4, 1/60 sec, ISO400)

250OD缶に付けてみました。

 

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/6.4, 1/60 sec, ISO400)

ゴトクは、3本なので4本より不安定ですが何とか使えます。

 

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO1600)

炎は、真上に出るタイプで音うるさいです。

火力調節は、かなりピーキーで調整しにくい感じです。

真上に炎が上がるので缶詰を直接温めるには、向いて居ますが湯煎だともう少し広がる方が暖まる時間が早いです。

このガスコンロは、送料込み(中国発送)で882円でした。

あまりにも安いので送料と商品代の内訳しりたい気もします。

 

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO400)

はいっ!

同じ販売主のもう一つのOD缶ガスコンロです。

こちらは、構造的にかなり簡素化されております。

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO1600)

火力、炎の広がりは、手持ちのスノーピークギガパワー”地”と同じ位と思います。

火力調整は、青い方と違いかなり細かく出来て青いコンロより静かです。

犬の缶詰を湯煎で暖める為に使うのならこっちかな。

 

 

FUJIFILM X-T1 (60mm, f/5.6, 1/60 sec, ISO400)

小さいガスコンロなのでOD缶110が似合います。

こちらは、703円(中国発送送料込み)でした。

 

この記事を見て買おうと思った方、中国製なので自己責任で購入して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です