牛肉が安かったのでローストビーフをダッジオーブンで作りました。

Dorapapa流、野外で作る本格アウトドア料理から室内で気軽に出来るアウトドア料理やアウトドアグッズを紹介

牛肉が安かったのでローストビーフをダッジオーブンで作りました。

NIKON D500 (50mm, f/3.5, 1/640 sec, ISO400)

お~!

牛肉モモブロック~!700g!

でも欧州産。

だから安い。

本日は、この牛肉でローストビーフを作ります。

材料

牛肉モモブロック 700g
にんじん中 2本
タマネギ(淡路産) 小~中3個
ジャガイモ 小~中8個
岩塩(塩でもいい) 適量
ブラックペッパー 適量
ローズマリー 適量

食べる時にステーキソースに漬けると思うので薄味です。

NIKON D500 (50mm, f/13, 1/40 sec, ISO1000)

牛肉っも肉には、岩塩、ブラックペッパー、ローズマリー適量を振りかけます。

NIKON D500 (50mm, f/13, 1/25 sec, ISO1000)

自宅庭調理ですがフィールド同様の条件にてすべて外で作るのでバケツ2個用意。

1個は、水入れて、もう1個は、ゴミバケツ。

NIKON D500 (50mm, f/8, 1/250 sec, ISO1000)

調子乗って野菜多かったかも?

NIKON D500 (50mm, f/8, 1/60 sec, ISO1000)

22cmダッチオーブン用意して入れて見るが野菜多くて半分しか入りませんでした。

ここで12インチのダッチオーブンが欲しくなる。 ←買う理由とも言う。(^_^;)

NIKON D500 (50mm, f/4, 1/250 sec, ISO1000)

野菜が余ったので冷凍庫に有った鶏モモ肉、胸肉を解凍して先日購入したロゴスの飯盒で

予定には、無かったローストチキンス作ります。

写真が多くなるのでこちらの記事は、次回。

 

NIKON D500 (50mm, f/2.8, 1/400 sec, ISO1000)

いつもの大型七輪に炭火起こして載せます。

 

NIKON D500 (50mm, f/3.5, 1/320 sec, ISO1000)

 

ダッチオーブンのメリットは、分厚い鉄の蓋を利用して炭火を上にも置く事が可能なので上火も有るんです。

NIKON D500 (50mm, f/1.8, 1/1600 sec, ISO1000)

そろそろかな?

肉の内部の温度を測るには、金串が一番!←30年前から変わらない方法!

刺して10秒待って中央に刺さった部分を触って確かめます。

まだやね~~。

NIKON D500 (50mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO1000)

ちょっと工作して時間つぶし。

こちらのネタも違う記事にてUP予定。

 

NIKON D500 (50mm, f/10, 1/60 sec, ISO1000)

よし出来た感じ。

NIKON D500 (50mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO1000)

問題は、内部です。

火が通っていなかったらダメ!火が通り過ぎてもダメ!

緊張の一瞬!

 

NIKON D500 (50mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO1000)

ちょっと火が通り過ぎました。

あと3分早く上げておけば~~!

まあギリギリ内部が赤い状況で熱は、完璧に入っていますからお腹を壊しません。

ダッチオーブンは、上火も使えますから私が思っていたより熱入るの早いみたいです。

本日の晩ご飯は、みんな大好き!ローストビーフです!(^o^)

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です